はてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

やられた!ToonCamera !


iPhoneアプリ「ToonCamera」の紹介です。

このアプリは、カメラを通してみえる画像を
リアルタイムでイラスタライズしてくれます。

ToonPaintに続いて、こんな素晴らしいアプリが出てくるなんて。。
できることなら、僕が開発したかった!というのが本音(笑)

画像をイラスト化してくれるアプリとしては、
こちらで紹介したToonPaintが有名です。
ToonPaintは主に人の顔をイラスト調に加工してくれるアプリでした。
今日紹介する、ToonCameraは風景画と相性が良いようです。

あ、手前味噌になっちゃいますが、僕の開発した「ぱすてる」も
パステル調に画像加工ができるので気になった方はぜひどーぞ(笑)
pastel.jpg


さっそく、ToonCameraで撮影した画像をどうぞ☆
始めの3枚は、うちの大学のキャンパスです。

木陰の向こうにウエストウイング
tooncamera.jpg

そこから左を向けばコア&ウエストウイング
tooncamera2.jpg

隔離された場所にはローム記念館
(僕の研究棟ですww)
tooncamera3.jpg

はい、どこの大学か分かる人にはわかりますね。
通称BKCキャンパス。
びわこ(B)くさつ(K)キャンパス(C)という
AKBの前身か?と疑いたくなるようなネーミング。
今年の文化祭は倉木麻衣が来るらしいですよ(笑)


最後に電車で一枚。
tooncamera4.jpg


なんといってもリアルタイムで撮影できるので、
気に入ったショットが非常に取りやすいです。
その分、保存時に解像度がおちてしまうけど、
これは、簡単に解決可能な問題なので、是非対応して欲しいですね。


ご購入はこちらから。
banner.png


スポンサーサイト
はてなブックマークに追加

ToonPaint どうやってエッジ抽出しているんだ?


さて、今回紹介するiPhoneアプリは「ToonPaint」です。

toonpaint1.jpg

このアプリでは、読み込んだ写真を漫画風にアレンジして出力してくれます。
漫画は英語でToonなんで、そのまんまっちゃぁ、そのまんまですね(笑)
技術的にはトゥーンレンダリングなんて呼ばれ方もしてます。

このアプリでは画像を読み込むと、
まず、画像を線画化して画面に表示してくれます。

toonpaint2.jpg

このクオリティがすごい!!!
もうね、すごいの一言。

一般的に、画像の線画化にはエッジ抽出(edge detection)という技術が使われています。

このエッジ抽出には、有名どころで
・Sobel Filter (1次微分)
・Laplacian Filter (2次微分)
・High-Pass Filter (周波数ドメイン)
などのフィルタを使うんですが、
これらを単純に使ってもこんな綺麗なエッジが出るわけではない。

僕の「ぱすてる」ではエッジを抽出してから、
その連結性を考慮して、最終的にエッジとみなすかどうかのテストをしています。
いわゆるCanny edge detectionにもう少し手を加えたものです。

「ぱすてる」はこちらから(宣伝w)
pastel.jpg


おそらくこのアプリでは、アメコミ風するために特化した
エッジ抽出アルゴリズムが使われているみたい。
どうやってるんでしょう?教えて>エライ人

toonpaint3.jpg

オプションで、エッジの質やグレー領域・黒領域の変更もできます。
このへんからは技術的にも理解できる(笑)

toonpaint5.jpg toonpaint8.jpg

あとは塗り絵の要領で、元の絵から色をピックアップして、色を塗っていくだけです。
ワンタッチで変換しちゃうのではなくて、色が自由に塗れるのがいいですね☆


こういう、画像変換系はやはり(?)Adobeが強い。
After Effectでは動画からでもリアルタイムで変換できるようです。

こんな感じ。
toonpaint7.jpg

さすがAdobe。大御所ならではの質と機能を兼ね備えています。
でも、たった230円で、しかもiPhoneで動くToonPaintも負けてはいないと思いますよ!
ぜひぜひ試してみてくださいね!

ご購入はこちらから
banner.png


はてなブックマークに追加

パステル!ぱすてる!バス出る!


iPhoneアプリ「ぱすてる」を本日リリースいたしました。
読み込んだ画像をパステル調に変換するiPhoneアプリです。

pastel1.jpg


例えば、こんなコスモスの写真を読み込むと・・

pastel2.jpg

こういうふうに変換されて出力されます

pastel3.jpg


もう一例。神戸はモザイクの写真です。

pastel4.jpg

こちらも、こんな感じに変換されます。

pastel5.jpg


画像の色合い、リアリティ、明度は自分好みに変更できます!
ぜひ、このアプリを使って、カメラロールの写真をパステル調にしてみて下さい☆

ご購入はこちらから。
banner.png
はてなブックマークに追加

歌詞でコンボを狙う!Lyric Legend


iPhoneアプリ Lyric Legend の紹介です。

このアプリでは奏でられる歌詞に合わせて
画面をタップするという新感覚の音ゲーです。

起動画面がこちら。
一人プレイの他に、ブルートゥースを利用したマルチプレイも可能です。

lyriclegend1.jpg

次にゲームで使う曲を選択します。
デフォルトで付いてくるのは3曲です。
新しい曲を買うことでレパートリーに追加できます。

lyriclegend2.jpg

最後に、難易度を選びます。

lyriclegend3.jpg


さて、いよいよスタートですよ!
歌われている歌詞に合わせて画面の単語をタップ!?
いや、これ、めっちゃ難しい(笑)

lyriclegend5.jpg

頭の中に1Mbyteくらいのバッファが必要です(笑)
きっと、同時通訳の人はこう言うの得意ぽい。
僕、無理w

いやー、おら、おら、って押すんですが
単語探している間に曲進んでるしー!
きっと、一日中やってたらTOEICの点数10点くらい上がりそう~
全然、押せないのが悔しくて、なんやかんやではまってます☆


曲の合間にはThe音ゲーみたいなゲームも出来ます。
こっちは、どんとこいですよ!

lyriclegend4.jpg

でも間奏が終わると・・・

lyriclegend6.jpg

orz.... みたいな(笑)


ぜひ、みなさんも体験してみてください。
ご購入はこちら。
banner.png


はてなブックマークに追加

巨大アヒル再来!?


iPhoneアプリ AhiruCam の紹介です。

このアプリでは、好きな場所に
アヒルを置くことが出来ます。

このアプリを見たときに思い出したのがこれ。

 ahirucamera0.jpg

1年くらい前に大阪は中之島に浮かんでいた巨大アヒル。
これ、合成写真じゃなくて本当に浮かんでたんですよ!

日本とオランダの通商400年を記念して、
オランダ人のデザイナーが製作したようです。
日本で展示するなー、スケールが・・(笑)

AhiruCamは、これと似たような写真が作れちゃうアプリです。
起動すると画面上に右向き左向きのアヒルが表示されます。

ahirucamera1.jpg

このアヒルをタップすると画面上に
アヒルが出現!

ahirucamera2.jpg

ピンチインやローテイトなど、
指のジェスチャでアヒルの姿勢を変えることが出来ます。

うにうに広げてみたり~
ahirucamera3.jpg

いい感じになったら、右下のSaveボタンで
カメラロールに保存できます。
完成した写真がこちら。

ahirucamera3_5.jpg

大阪巨大アヒルの再来!とまではいきませんが
無料で楽しめちゃうアプリでした。
あまりにアヒルが浮いていたので(いや、海にじゃないよ)
ちょっとだけ、Photoshopで手を加えてみた。

ahirucamera5.jpg

ご購入はこちらから
banner.png




はてなブックマークに追加

アバターが作れるMakeMe


iPhoneアプリ Makeme の紹介です。

このアプリでは、自分そっくりのアバターを
簡単につくることができます。

予想以上に自分に似たアバターが出来たのには
ちょっとびっくりしました(^^;;)
Twitterのアイコンで使ったろか!とも思いましたがペンディング中(笑)
ちなみに、今から作るアバターは管理人Hokusonとは
似ても似つかないアバターなのであしからず(笑)

起動画面では、男女どちらのアバターを作るかを選択できます。

makeme1.jpg

選択するとすっぽんぽんぽんぽんの
人型が表示されます。ここにいまからパーツを置いていきます。

画面上にあるのがカテゴリパーツで
下側のメニューがディテールのパーツです。
インタフェースが分かりやすいのも
このアプリの良いところですね☆

makeme2.jpg


さて、ぽんではなんですので(笑)
味付けしていきます。まずは髪の毛から。
髪の毛の形・ボリュームだけでなく、
右側のカラーバーから、色合いも選択することが出来ます。

makeme3.jpg


ここからは目・鼻・口・服とどんどん
パーツを追加していきます。それぞれパーツの候補が
充実しているので嫌でも自分に似たパーツが見つかります(おそらく:D

makeme4.jpg makeme5.jpg

さてさて、だいぶ完成に近づいてきましたね。
まだズボンを履かせていないので、ちょっと破廉恥(^^;;)
ということで、先日のmosaicfaceを使って
モザイクをかけてみました(笑)うん、楽しい!

makemea.jpg


冗談はさておき、ズボンと靴も履かせて完成です。
その他にメガネとかリボン(?)とかカチューシャ(??)とかも
選択できますので、趣味に合えばどうぞ(笑)


makeme6.jpg


ご購入はこちら
banner.png


はてなブックマークに追加

mosaicfaceの真実


自動で顔にモザイクをかけるアプリ
mosaicfaceの紹介です。

なかなか、チャレンジャブルなアプリです!
このアプリ、画像はサーバに送信して処理するという・・・
詳しくは下の方で・・


起動するとまず各種オプション画面になります。
モザイクの粗さ、自動顔検出などのオプションが設定可能です。

mosaicface1.jpg

モザイクをかける写真は
カメラまたはライブラリから選ぶことが出来ます。

自動顔検出をONにして
実行してみた結果がこちら。

mosaicface2.jpg

勿論、手動でモザイクをかける範囲を選択することも出来るので
顔以外のものでも、ピンポイントでモザイクをかけることが出来ます。

画面下の定規のような画像をタップして、
画面上でドラッグすると、モザイクをかける範囲を指定することが出来ます。
複数箇所選択できるので、何箇所かにモザイクをかけたい時にも便利です

mosaicface3.jpg



と。ここまではいいのですが。



ちょっと気になったのが、顔検出の遅さ!
一枚の検出にたっぷり20秒は待たされます。
ん~、こういう場合は画像サイズを1/4に落としてから
検索かけるのが常套手段なんだけどなぁ~ぶつぶつ

なーんて言ってたのですが、

どうやらこのソフト、画像をサーバ側に送って処理してるようです。
図示するとこんなかんじ。

mosaicface4.jpg

一昔前の携帯等なまだしも、顔検出ごときでサーバに送んなー(笑)
顔検出だけならiPhone4Gローカルで0.8秒で出来たぞ@研究室
というよりも、無料ソフトで顔検出サーバ立てるって、どんだけリッチなんよ!!


てか、問題はそこじゃなくって!
上の図からも分かるように、処理する画像は一度サーバに送信されてますよね?
なんで、あまりに変態的な画像はこのアプリで処理しない方が吉かも!?(笑)
サーバ側で何してるかわかんないしね~(^^;;)
はてなブックマークに追加

Art remix


iPhoneアプリ Art remex の紹介です。

このアプリでは、イラストレータさんの描いた
イラストを自分の好きなように並べて
新しいイラストを作ることができます。

artremix.jpg

前に紹介したricco.のアプリとよく似ていますね。
というか、同じ会社が出しているようですね。
違いは、イラストの雰囲気と値段です(笑)

こちらのアプリは、数人のイラストレータさんの絵が
混ざっているので、単にイラストを置いていっても
なかなか、雰囲気が馴染まないというのが難点かなぁ。
artremix3.jpg

まぁ、無料なのが最強の強みですけど(笑)
僕としては、良いアプリは有料にすべきだと思っているのですが・・・


実際に作ってみたイラストがこちら。
riccoが西洋風のテイストでまとめられているのに対して、
こちらは、ポップアートよりのイラストになりました~

artremix4.jpg


ご購入はこちらから
banner.png


はてなブックマークに追加

まるっと抽象画

iPhoneアプリ abstractionsの紹介です。

このアプリでは、読み込んだ写真を
ワンタッチで抽象画風のイラストに変換することが出来ます。

使用した写真がこちら
abstractions1.jpg

この写真を読み込み、変換すると
このようになります。
abstractions2.jpg

どうでしょう?
結構,いい感じに変換出来ているのではないでしょうか?
とくに、キャンバスの質感というか、立体感がいいですね!

ただ、少し全体的に明度を落とし過ぎかな、という気はします。
他の写真でも試してみましたが、
いまいち明度コントロールはうまくいきませんねぇ。

どういうアルゴリズムを使ってるのかな?
ちょっと変換後の写真のプロファイルを覗いてみました。
それが、こちら。
abstractions2_5.jpg

あぁ、なーるほど。
こういうのをみると、なんとなくアプリの内部で
どういう処理が行われているのか分かっちゃいますね(笑)
プチ・リバースエンジニアリング気分(^^;;;)

ということで、少しいじってみました。
ちょちケバいかも!?
abstractions3.jpg

ご購入はこちらから
banner.png

はてなブックマークに追加

マリモ!マリモ?マリモ

iPhoneアプリ iMarimoの紹介です。

最初見たとき、iマリオだと思った(笑)
マリモなのね。

iMarimo1.jpg


このアプリ、ただマリモが動くだけの不思議アプリです。
いやぁ、無料アプリだけあって、何でもやり放題ですね(^^;;)

でも、無料アプリだからこそ、
こういうのをどんどんやって欲しい!
ご当地アプリって好きなんですよね、僕は。

実は、このマリモ。
拡大してみると・・・

iMarimo2.jpg

ちゃんとフサフサ感がある!!!
いわゆるファーシェーダと言われている技術です。
女の人が巻いているファーと同じ意味合いのファーですね。

シェーダ大手のNVIDIAのデモでも登場するこの技術。
なぜ無料アプリの、しかもマリモに使ったんだ!?
ある意味、面白い(笑)
iMarimo3.jpg

ご購入はこちらから
banner.png


開発アプリ

iDOF 色影 ラテアート ぱすてる

プロフィール

hokuson

Author:hokuson
京都在住。iPhoneアプリ「色影」や「iDOF」の開発者。アプリのレビューとかもしてみる。博士後期課程@R大学。ついに就職活動なるものをしなければいけないらしい。誰か雇ってください。笑。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。