はてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

iPhoneアプリ・電卓をつくる その2




サイトを移行しました。
iPhoneアプリと、そのプログラム



さて、前回はインタフェースビルダーを用いて、電卓のカウンタのインタフェースを設計しました。
今回は、プログラムをかいていきましょう。

iPhoneプログラミングは、C言語の教科書に載っているような「main関数から始まって・・・」
というようなプログラミングスタイルとは少し異なります。(勿論、厳密にはmainから始まる)

では、どのようなプログラムを書けばいいのか?
図示するとこのようになります。

calc5.jpg

簡単にいえば、iPhoneアプリというのは

1. ユーザが何かをする(ボタン押下、スライダ移動、フィンガジェスチャなど)
2. 対応するプログラムが走る
3. 画面が更新される

この3ステップから成り立っており、
ステップ2を設計することになります。
そう、それだけです。

普通は、アプリにはボタンや、スライダなどが複数配置されているため、
それぞれの部品に対応するプログラムが存在します。
それが、こんな感じ。

calc6.jpg

一番大切なのは、これだけです。
ボタンが押されたときにどうしたいか?それをプログラムに書くだけです。
スライダが動かされたときにどうしたいか?それをプログラムに書くだけです。

オブジェクト指向とか、デリゲートとか、
訳の分からない言葉は置いておいて、大切なのはこれだけです。

ユーザイベントに対して何を行うか?
それをプログラミングするだけです。



そして、

ユーザイベントに対応して駆動される関数にはIBActionをつける。
プログラム実行後、書き換えたいものにはIBOutletをつける。


これが、どこの入門書・入門サイトにも書いていないIBActionとIBOutletの意味です。


さて、なんか長くなってしまったので、今日はこのへんで。
次回こそはカウンタのプログラムを書きたいですね(笑)


スポンサーサイト
開発アプリ

iDOF 色影 ラテアート ぱすてる

プロフィール

Author:hokuson
京都在住。iPhoneアプリ「色影」や「iDOF」の開発者。アプリのレビューとかもしてみる。博士後期課程@R大学。ついに就職活動なるものをしなければいけないらしい。誰か雇ってください。笑。

カレンダー
09 | 2010/10 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。