はてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

ToonPaint どうやってエッジ抽出しているんだ?


さて、今回紹介するiPhoneアプリは「ToonPaint」です。

toonpaint1.jpg

このアプリでは、読み込んだ写真を漫画風にアレンジして出力してくれます。
漫画は英語でToonなんで、そのまんまっちゃぁ、そのまんまですね(笑)
技術的にはトゥーンレンダリングなんて呼ばれ方もしてます。

このアプリでは画像を読み込むと、
まず、画像を線画化して画面に表示してくれます。

toonpaint2.jpg

このクオリティがすごい!!!
もうね、すごいの一言。

一般的に、画像の線画化にはエッジ抽出(edge detection)という技術が使われています。

このエッジ抽出には、有名どころで
・Sobel Filter (1次微分)
・Laplacian Filter (2次微分)
・High-Pass Filter (周波数ドメイン)
などのフィルタを使うんですが、
これらを単純に使ってもこんな綺麗なエッジが出るわけではない。

僕の「ぱすてる」ではエッジを抽出してから、
その連結性を考慮して、最終的にエッジとみなすかどうかのテストをしています。
いわゆるCanny edge detectionにもう少し手を加えたものです。

「ぱすてる」はこちらから(宣伝w)
pastel.jpg


おそらくこのアプリでは、アメコミ風するために特化した
エッジ抽出アルゴリズムが使われているみたい。
どうやってるんでしょう?教えて>エライ人

toonpaint3.jpg

オプションで、エッジの質やグレー領域・黒領域の変更もできます。
このへんからは技術的にも理解できる(笑)

toonpaint5.jpg toonpaint8.jpg

あとは塗り絵の要領で、元の絵から色をピックアップして、色を塗っていくだけです。
ワンタッチで変換しちゃうのではなくて、色が自由に塗れるのがいいですね☆


こういう、画像変換系はやはり(?)Adobeが強い。
After Effectでは動画からでもリアルタイムで変換できるようです。

こんな感じ。
toonpaint7.jpg

さすがAdobe。大御所ならではの質と機能を兼ね備えています。
でも、たった230円で、しかもiPhoneで動くToonPaintも負けてはいないと思いますよ!
ぜひぜひ試してみてくださいね!

ご購入はこちらから
banner.png


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

開発アプリ

iDOF 色影 ラテアート ぱすてる

プロフィール

hokuson

Author:hokuson
京都在住。iPhoneアプリ「色影」や「iDOF」の開発者。アプリのレビューとかもしてみる。博士後期課程@R大学。ついに就職活動なるものをしなければいけないらしい。誰か雇ってください。笑。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。