はてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加

携帯ゲーム機の限界


DSにしろPSPにしろ携帯型ゲーム機って
どんどん進化しているみたいだけど、
音に関してはほとんど進化してないんじゃないかな?

いい音で聞きたければ、外部スピーカつければいいぢゃん
という話なんだけど、それは携帯型という範疇を逸脱してる。

携帯型ゲーム機の音が悪い理由は3つ。
1.スピーカの種類が音楽用ではない。
2.そもそも、収録音がわるい
3.人間の頭が補間できない

1と2は大雑把には消費電力とデータ容量に起因しているで
技術的にはどちらも解決可能。

面白いのは3。

映像の場合。
映像とは3次元空間のものを1次元分押し潰して、2次元にして表示したもので、
人間は映像を見る場合、潰された1次元分を脳内補完して3次元として捉えることが出来る。
だからこそ、3Dテレビのインパクトが薄いんですが・・・

逆に音楽の場合。
音楽はそもそも1次元のデータなので、失われた部分は0次元に落ちる。
そうなると、人間の脳で保管するのは難しいわけです。

要するに人間の脳っていうのは
2D->3D補間は比較的容易なのに対して
0D->1D変換は難しい、ということですかね。
勿論、数学的にはどちらも復元不可能です。


では、解決案。

音楽を2次元で収録する!
(自分で書いてても意味がわかりませんがw)
(とりあえず、びっくりマークをつけてみたしたがw)

そもそも、これってサンプリングレート上げることと同義だよね!?
じゃぁ、それでいいぢゃん。
結局、3は2の部分集合ってわけか。


眠いし、また今度考える。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

開発アプリ

iDOF 色影 ラテアート ぱすてる

プロフィール

hokuson

Author:hokuson
京都在住。iPhoneアプリ「色影」や「iDOF」の開発者。アプリのレビューとかもしてみる。博士後期課程@R大学。ついに就職活動なるものをしなければいけないらしい。誰か雇ってください。笑。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。